母の四十九日の法要の朝

3月8日、母の四十九日の法要と納骨の為信州に行ってきました。
母の魂も仏様の世界に辿り着くことが出来、今はきっと父や弟達と再会しホッとしている事と思います。

前日は3月とは思えないほど寒く軽井沢のトンネルを抜けると一変、白銀の世界に・・・
皆で実家の近くの温泉で一泊・・・
ホテル最上階のお部屋から見る景色は、今まで余り見たことがない(子供の頃は気がつかなかった)
それはそれは美しい白銀の世界が広がっていました。
60年以上この地に住み、この街が大好きだった母・・・
その母が数年ぶりに帰る為に用意された
自然の美しいセレモニーに、胸がいっぱいになりました。
法要当日は晴れて穏やかな一日となり、
お陰様で七十七忌明けの法要を無事営む事が出来ました。


ホテルの部屋でガラス越しに撮った画像です。
私はカメラを持っていかなかったので、デジカメをお借りして撮りました。
e0140650_12542558.jpg

e0140650_133181.jpg

e0140650_1322827.jpg

e0140650_1311963.jpg

by ino0308 | 2010-03-10 13:23 | 日々の風景
<< 大寒(オオカン)桜 雨上がりの宝石 >>